お手軽!いいとこ取りの朝ごはん・モンティクリスト 元々、バウルーはブラジル生まれの日本育ち。
ということで、海外のサンドイッチが気になる今日この頃ですが、
最近その名前を目にすることが増えたのが、モンティクリスト。

フレンチトーストのようにパンに卵液を浸し、
クロックムッシュのようにハムやチーズを挟んだホットサンドです。

これまでも、バウルーで簡単に作れるフレンチトーストや、
クロックムッシュのレシピを紹介してきましたが、
両者のいいところを一緒に味わえる。そんな組み合わせです。

卵液に浸したパンを乗せて、ハムとチーズを挟んで焼くだけ。
ナイフでカットすれば断面から溢れるたっぷりのチーズ。
表面カリっと焼かれたパンは、ふんわりモチモチの食感。
ハムとチーズの塩気や旨味を、黒こしょうのアクセントが際立てます。

北米と南米のエッセンスを凝縮したホットサンドで、
朝の食卓を卵色に彩ってみてはいかがでしょう?

・食パン 2枚
・バター 適量
・ハム 2枚
・とろけるチーズ 適量

【卵液の材料】
・卵 1個
・牛乳 大さじ3
・砂糖 小さじ1/2
・塩 小さじ1/4
・コショウ 1、2振り程度

1. ボウルの中で卵、牛乳、砂糖、塩、コショウを混ぜ合わせて卵液を作ります。
2. 食パン2枚を卵液に浸して、全体が黄色くなるまで馴染ませます。
3. バウルーの両面に、薄くバターを塗ります。
4. 卵液を浸したパンを1枚バウルーに乗せて、ハム、チーズ、ハムの順に重ねます。
5. もう1枚の食パンを重ね、弱〜中火で片面約2〜3分ほど焼きます。表面をこんがりときつね色に焼けたらできあがりです。

D65-03D65-04
・ハムとチーズの他にターキーのハムを挟んだり、卵液を吸わせたパンの内側にマヨネーズを塗れば、更にボリュームアップ。本場・北米的な味わいになります!
・このレシピの卵液は、砂糖を加えて少し「甘塩っぱい」寄りにしています。砂糖を抜いて卵液を作れば、おつまみ的にも楽しめます!