こんにちは。バウルーホットサンドカフェを運営している「やくみ」のしょうがです。

ここのところ東京は天気がよく、まさに風薫る季節。
ちょうど先週末は快晴で、土曜のランチは近場でサク焼きすることに。

そこで今回は、外でのサク焼きを120%楽しめるコツをご紹介したいと思います!


北区のオアシス!赤羽駅からの岩淵水門へ

この日、「やくみ」のメンバーが集合したのは、誰の家からも中間地点にある赤羽桜堤緑地。

そこは東京と埼玉を隔てる荒川沿い。
アクセスは赤羽駅から徒歩約20分、赤羽岩淵駅から約15分。
となると店が豊富な赤羽駅界隈で食材を調達して向かうしかありませんね。

大前提として、食パン1斤(8枚切り)で作れるホットサンドは4種類
まずはそれを念頭に、食材の種類と量を選んでいきましょう!


総菜は組み合わせで考えよう!

まず訪れたのは、赤羽駅のecute(エキュート)。ここは惣菜屋さんが充実していて、期間限定ショップが出店していたり、季節のフェアをやっています。

早速入口すぐの韓国料理店では、バウルーマシッソヨなおかずを発見!


濃い目のソースが絡んだ唐揚げは、ホットサンドに適した食材。
そこにほうれん草ナムルを加えれば、風味、食感、彩り、栄養バランスもいいですね。

◆お買い上げ:甘辛ヤンニョン唐揚げ3個+ほうれん草ナムル50g(パンチャンとジョン)


カツ屋で買えるのはカツだけじゃない!

そしてアウトドアバウルーの鉄板具材といえば揚げもの。例えばコロッケ×千切りキャベツ×ソースなんて組み合わせは、ナイフ要らずで味を決めやすい「永遠の定番」といえるでしょう。

そぞろ歩けば「レバカツフェア」。薄くて長くて味付け済。まさにぴったりの食材をまたまた発見!

そしてレバカツと一緒に挟みたいのが千切りキャベツ。
駅ビルのトンカツ屋さんでは、だいたい千切りキャベツも売っています。お値段なんと20円!

◆お買い上げ:レバカツ ソース味・ハニーマスタード味 各1枚(eashion)
◆お買い上げ:千切りキャベツ 1袋(和幸)


バウラーなら出先の名物も挟みたい

そして出先ならではの楽しみが、その土地の名物を挟むこと。駅チカの赤羽名物といえば「セキネ」ですね