夕べ、食卓を彩ったパスタ。
家族でワイワイ食べたり、大切な人とワイン片手に食べたり。パスタは手軽にいつもと違う食卓を演出します。

ところで翌朝、少し残ったパスタをレンジで温めると何かが違う。アルデンテが消えてしまうからでしょうか、
それともソースの滑らかさが失われるからでしょうか。

でも、そんなパスタもバウルーで挟めばおいしさが復活。
朝食によし、お弁当としてお昼に食べるもよし。夕べの余韻が一層長く楽しめます。

・食パン2枚
・バターまたはマーガリン:適量
・トマトとナスのペンネ:適量

1.食パンの片面にバターを塗ります。
2.バターを塗った面を下にして、食パンをバウルーの中に置き、ペンネをのせます。
3.バターを塗った面を上にして食パンを重ね、弱~中火で片面約2分、表面がこんがりときつね色に焼けたらできあがりです。

・ペンネ以外の長いパスタを乗せるときには真ん中寄りに。蓋を閉める時に自然と広がります。
・ショートパスタの場合には、隅々までソースを寄せると最初の一口目からおいしく仕上がります。
・チーズを加える場合、こぼれ落ちずパスタ全体に馴染むスライスチーズがおすすめです。