Pocket

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-01
いつもはキッチン、休日はキャンプ、時には登山の山メシに。
シチュエーションを選ばない、使い勝手のよさがバウルーのいいところ。

私たちもこれまで、春は茨城のキャンプ場、夏は栃木のログハウス、秋は高知の農家民宿と、日本全国津々浦々、バウルーを携え、ホットサンドを焼いてきました。

春夏秋冬、四季を問わず……

ん?

そういえば、唯一実演できていないシチュエーションといえば……

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-02
そう、それは冬の屋外。

できれば一面の雪景色の中、バーナーの上で華麗に表裏をひっくり返してみたい。
そして熱々のホットサンドをふうふう言いながらほおばりたい。
バウラーであれば誰しも、そう考えるものじゃないですか?

でも、風吹き荒ぶ中食べるのは嫌。
着火しなくて震えるのも嫌。
となれば、これしかありません。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-03
雪の家、かまくら。

冬にしか見ることのできない雪景色の中、かまくらでぬくぬくしながら、アツアツのホットサンドを焼きまくる。これぞバウラードリーム!バウラーのロマン!

そんな私たちの夢、かまくら焼き(なんか土産物みたいですが)。

しかし、横手市などで作っている観光向けのかまくらはでは、中でやれることも限られており、フリーダムなバウループレイは不可。かといって雪国にかまくらを作るような土地もなく…。

どうしたらいいものかと悩んでいたのですが、なんでも言ってみるものですね。
取材で訪れた青森の老舗出版社、グラフ青森編集部有志が、かまくらづくりに全面的に協力してくれることになったのです。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-04
ということで、私たちが向かったのは青森県青森市。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-05
編集部の織田さんの「今のところ、雪は順調に積もっております。先週あたりから雪が多くなり、かまくらもちょっと大きく作れそうです。土曜日は雪の予報ですが、気温がそれほど低くないので、まさに『かまくら日和』です!!」

という前日のメールにテンションが上がらないわけがない。いまだかつて関東人が、東北の豪雪をこんなに喜んだことがあるでしょうか…!

青森の食材仕入れ大作戦


また、旅焼きは、パンも具もご当地モノを選べるのが大きな楽しみ。焼く前の買いものもまた、エンターテインメントなのです。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-06
まず一軒目は青森駅から徒歩5分、ニコニコ通りに店を構える肉のナリタ。ショーケースをのぞいてみると、倉石牛や十和田黒牛など、ここだけで県内牛肉の完全制覇ができそうな勢いです。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-07
そんな精肉店だからこそ、食欲をそそる惣菜もズラリ。どれを挟んでも幸せ間違いなしのラインナップから数点チョイスしました。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-08
お次は「青森に来たなら、やっぱりホタテも挟まないと!」という心の声に従い、工藤帆立専門店。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-09
まだ生きているホタテを見れば「これ、普通に焼いても旨いよね」と思うのも仕方なし。お刺身用をガッツリ一盛りいただきます。

そして忘れちゃならない主役の食パン。青森市内にもパンの名店が多々あるものの、普段と同じくスーパーで調達したいところ。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-10【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-11
ということで、車を走らせやって来たのは、ユニバースとカブセンターの地元スーパー。
パン売り場では工藤パンの8枚切り一択。さらに三戸町産の洋梨、タレ、しいたけ…と、買い物カゴはあっという間に満員御礼です。

最後は焼きそば。はい、青森市といえば焼きそばなんです。幾多ある名店の中から、迷いなく向かったのは鈴木やきそば店。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-12
見てください、この潔いメニュー。選ぶのは量だけ。迷わないで済むのはありがたいものです。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-13
このお店の特徴は、鉄板ではなく中華鍋で作ること。鍋の反り返りを活かしてフライ返しで麺も具も炒めるスタイルは、腕力が弱い女性ならではの合理的な工夫です。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-14
はい、プラ容器から溢れんばかりのボリュームでできあがり。これで「中盛」なんですよ。

聞けば、地元の定番は焼きそば×おにぎりのコンビネーション。おにぎりも買えば、バウルーで焼きおにぎりもできますが、それは次回への楽しみに……!

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!北の具材でホットサンド-15
これだけ買えば、車のトランクまでも満員御礼。これだけでもかなり胸いっぱいですが、舞台はかまくらへ。そう、「いざ、かまくら!」ってやつです!


後編「【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓」に続きます!



【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-01
「かまくらの中で、バウルーでホットサンドを焼きたい!」

そんなバウルードリームをサポートしてくれる協力なパートナーを得て、一路雪の青森へ向かったわれらバウラー。青森市内でご当地食材を調達し、いざ、かまくら会場へ!

といっても、横手のような観光かまくらじゃありません。
ここは民家の駐車場。なんと私たちの無茶な願いを叶えるために、グラフ青森の下池社長が、自宅の駐車場をかまくら化してくれたのです!

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-02
眼前にそびえ立つのは雪山、そして巨大な穴。社長がかまくら素人の私たちを心配して、雪かきで集めた雪を山にし、水をかけて固め、かまくらの基礎を作っておいてくれたのです。しかも…

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-03
「ある程度はかまくらを作っておいたけど、せっかくだから皆さんも掘ってみたらどうだ?」

と、方言まじりでお声がけいただくありがたさ!最後のおいしいところを残しておいてくれるだなんて、帰省してかまくらで遊ぶ孫レベルの待遇じゃないですか…!

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-04
しかしまあ、雪って重いんですね。穴から掻き出した雪をスコップで外に出すとき、手首のスナップでなんとかしようと思ったら、即座に故障すること確実。まさに雪掻きは全身運動。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-05
休憩を挟みつつ、スコップで奥行きを広げているうちに、ダウンの内側にはじわじわと汗が。しかし、ひと掻きごとにホットサンドを食べるためのボディが作られると思えば、この運動も喜びに変わります。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-06
下池社長曰く、かまくら作りの流れは地域によって違いがあるそうで、今回は雪を積み、水などをかけて凍らせて固めて基礎を作り、穴を掘りながら壁を固めていったそう。ポイントは、入口は狭め、奥は広めに作ること。これが崩れない秘訣です。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-07
こうして掘ること約1時間。最後に底を平らにならし、水神様を祀る場所をつくったら、そこには思いのほか居心地のよいかまくら空間が広がっていました。テーブルとイスを置いたら、焼きのスタンバイ完了です!

かまくらで7種類のサンドを焼きまくる!


【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-09
口開けに焼いたのは、肉のナリタのメンチ×キャベツ×ソースの、もりもり青森メンチサンド。
ベーシックな一品ですが、「バウルーで焼いたホットサンドを食べるのは初めて」と口をそろえるグラフ青森チームは大喜び。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-10
お次は青森ホタテ×森のブロッコリーサンド。ホタテのソテーとブロッコリーに、ケチャップ&チーズで味付けした一品で、たくましい貝柱の甘みを脇役が見事に引き立てます。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-11
3品目はこれぞご当地やきそばパン!鈴木やきそばサンドです。ソースの味付けがマイルドなので、口当たりは意外にさっぱり。
ボリューム満点のゆで麺をワシワシと食べ進めれば、ねぶた缶のりんごジュースに手が伸びます。そう、このねぶたの写真、グラフ青森の下池社長が撮ったんですって!

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-12
4品目は、ソース、チーズ、ソースときたらやっぱり醤油でキメたいもの。織田さんイチ押しの「タイシ食品」の生揚げサンドが登場です。

焼いた生揚げには、醤油ダレで絡めたネギをドロップオン!厚揚げって、サイズも含めて本当にバウルーに合うんですよ。こちらはキメの細かい生揚げで、クリーミーささえ感じさせる名品でした。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-13
さぁ、まだまだ焼きますよ。5品目は長谷川自然牧場の豚肉を使った串カツとソースのシンプル系。これはビールが恋しい味!かまくらの中なのに、よく冷えた泡で喉をキリッと引き締めたい衝動に駆られます。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-14【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-15
かまくらの中がバターの香りに包まれる中、ホットサンドの合いの手として、ホタテや椎茸のミニBBQも開催。今回よくわかりました。冬のBBQって格別です!!

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-16
6品目は再びメンチカツの登場です。しかし同じ味付けでは芸がない。カレーソースを注いで、簡単スパイシーメンチサンドに仕立てます。携帯できるカレーソースって重宝するもの。肉汁とスパイシーなカレーが胃袋を再び開かせる!

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-17
7品目は果物の名産地、三戸町産の洋梨「ゼネラル・レクラーク」のワイン煮込みをたっぷりと。締めのデザートサンドはやっぱり別腹。シャクシャクした果肉の食感と、しっとりした甘さをパンがぎゅっと閉じ込めます。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-18
かまくらで一服すれば、いつしか外は日没の気配。最初のメンチからデザートサンドまでかまくらの中で焼き続けたのですが、もちろん内壁が溶ける崩れることなく無事でした。

【かまくらバウルー】旅焼きin青森!雪見ホットサンドに舌鼓-08
かまくらを掘り、かまくらで焼いた味と香りは一生の思い出。貴重な体験をさせていただいたグラフ青森のみなさま、本当にありがとうございました!

<今回のお品書き>
□メンチカツ(肉のナリタ)×キャベツ×ソース
□青森産ホタテ(工藤帆立専門店)×ブロッコリー×トマトソース×チーズ
□太子食品の絹揚げ×醤油味の葱生姜
□鈴木の焼きそば
□豚と玉ねぎの串カツ(肉のナリタ)×ソース×キャベツ
□メンチカツ(肉のナリタ)×キャベツ×カレー
□ゼネラルレクラーク×ハチミツ×シナモン

SPECIAL THANKS! グラフ青森の皆様

【ご注意】かまくらで焼く際には、バーナーの火で酸素が少なくなる可能性もあるので、穴をふさがずに入口部分で空気孔を確保してください。また、狭いので火の取扱いにはお気をつけください。


Pocket

コメントは受け付けていません。