牡蠣たまキャベツのホットサンド

Pocket

牡蠣たまキャベツのホットサンド

冬の味覚の代表格といえば、牡蠣でございます。
フライにしてもよし、鍋にしてもよし、炒め物にしてもよし。
色々な調理法で引き出される旨みエキスは心を虜にします。
そんな牡蠣をたっぷり使ったホットサンドは、
卵焼きとキャベツを組み合わせた一品。
おいしい牡蠣に欠かせないのは森や海といった自然の力、
地球の恵みをたっぷり取り込んで、冬本番に向けて英気を養ってください。

・食パン2枚
・バターまたはマーガリン:適量(ソテー用もご用意ください)
・牡蠣(加熱用):6~8個程度
・卵:1個
・牛乳:20cc程度
・キャベツ:1/2枚程度
・塩・こしょう:少々

1.牡蠣を塩(分量外)でよく揉んで、ぬめりと汚れを水で洗い流してザルにあげてください。
2.バウルーにバターを馴染ませて、牡蠣に塩を振ってソテーします。
3.牛乳と卵をボウルで混ぜ合わせて2.に注ぎ、牡蠣の卵焼きをつくります。
4.食パン2枚の片面にバターを塗ります。
5.バターを塗った面を下にして食パンをバウルーの中に置き、
カットしたキャベツ、牡蠣の卵焼きの順に重ねて、塩とこしょうを振ります。
6.バターを塗った面を上にして食パンを重ね、弱~中火で片面約2分、
表面がこんがりときつね色に焼けたらできあがりです。
牡蠣たまキャベツのホットサンド牡蠣たまキャベツのホットサンド牡蠣たまキャベツのホットサンド

・牡蠣は生食用ではなく加熱用をお使いください。生食用は焼いているうちに水分でべたべたになるのと、
加熱用に比べて味が薄目につきホットサンドに向きません。
・また、加熱用の牡蠣をソテーせずにパンに挟んで調理すると、加熱が不完全となるので体調不良の原因になります。
必ずソテーしたものを挟んでください。
・牡蠣のソテーに刻みにんにくや生姜を加えると、一層香りと風味が増します。
・バターソテーではなくゴマ油で卵焼きを作ると中華スタイルの味わいに、
また、挟む際に味付けにケチャップを加えると北米的な味に、ソースを使うと牡蠣のお好み焼き的な味になります。
・隠し味にナンプラーやニョクマムといった魚醤を加えると、ワールドワイドな味に早変わり!

Pocket