アレンジできるツナサンド

Pocket

アレンジできるツナサンド

パンに「マグロ」を挟めばニッポンの高級サンドイッチ、銀座のなんとかパーラーで数千円の一皿になりそうですが、同じマグロでも「ツナ」と呼べばいつものホットサンドの具。同じ食材でもひと口で語れないものですねえ。

そんな身近なツナ缶使ったホットサンドは、冷めてもおいしいバウルーサンドの定番。ツナの生臭みや水っぽさがいまひとつという方も、バウルーに挟んで焼くとあーらふしぎ。生臭さがなくなり、水気はジューシーな旨みへと変化を遂げます。間違ってもネコ缶は使わないようお気を付けください。

・食パン2枚
・バターまたはマーガリン:適量
・ツナ缶:小1缶(80g)
・みじん切りにしたタマネギ:大さじ1~2杯
・マヨネーズ:お好みの量
・こしょう:少々
・お好みで:パセリのみじん切り、イタリアンスパイスミックスなどの薬味
・お好みで:チーズ

1.みじん切りにしたタマネギを水にさらし、5分ほどしたら水を絞ります。
2.ツナ缶に1とマヨネーズ、こしょうを入れて和えます。好みでスパイスも加えます。
3.食パンの片面にバターを塗ります。
4.バターを塗った面を下にして食パンをバウルーの中に置き、2をのせます。
好みでチーズなどをのせてもいいです。
5.バターを塗った面を上にして食パンを重ね、弱~中火で片面約2分、
表面がこんがりときつね色に焼けたらできあがりです。

80gのツナ缶で作った具(フィリング)は、入れようと思えば全部入ってしまいます。
節約したい方は、量を調整しましょう。例えば、1日目に半分使ってチーズをプラスし、
2日目にカレー粉を少々加えて味を変えれば、飽きずに食べられます。
また、ダイエット中の人は、ノンオイルのツナがおすすめです。野菜を加えたい場合は、
トマトの薄切りや、炒めたズッキーニ、ゆでたブロッコリーなどがおすすめ。

Pocket